■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■千桜誕生日記念SS「千桜とハルの一日主役?な日」(仮題) Part3

こんばんは。いえろーらいんです。

Part3です。それでは続きへ。

その後、美希と理沙からも誕生日プレゼントをもらって千桜は帰宅した。

「お帰りなさい千桜さん。もうお嬢さまたちがお待ちですよ!」

屋敷に帰ってくると、早速ハヤテが出迎えた。



「本当は夜やりたいんですけど夜は僕たちちょっと予定がありまして…すいません。」

ハヤテが少し申し訳なさそうに言った。

「別にそんなの気にしなくてもいいよ。私も夕方から夜までバイトだからな…。」

千桜がサラッと言う。

「そうなんですか。お仕事がんばってください。」

「ああ。」

(そういえば千桜さんのバイトって何なんだろう?ちょっと気になりますね…。)

そんな事をふと思ったハヤテだったが、

(いや、余計な詮索はしないほうがいいかな…。怒らせてしまったらいけないですしね。)

と、ふときざしたその考えを心の中へしまうハヤテであった。



「お嬢さま、千桜さんをお連れしました。」

ハヤテが屋敷の一室の扉をノックする。

「おお。ご苦労だったな。入ってくれ。」

「どうぞ。」

ハヤテが扉を開け、そして千桜が部屋へ入った。

「なんだ…ここ?」

「まぁ…簡単に言えばこういう事をするためのお部屋、って所ですかね。まだ空き部屋もありますから。」

少し広めのその部屋には、ナギとマリアがいた。

「まぁ…その…なんだ。誕生日…おめでとう。これ…やるよ。」

素直になれないナギは少々詰まりながら、千桜へプレゼントを渡す。

「まぁ…また後で開けてみてくれ。」

「分かった…ありがとう。わざわざ祝ってくれて。…お前の誕生日の時もしっかり祝ってやるからな。」

しっかり返すぞ、とばかりに笑顔で言う千桜に、

「ばっ、バカ!何言っているのだお前は…!どうせその頃には忘れるくせに…」

少し照れたような、恥ずかしいようなそんな表情で返すナギだった。

「忘れないよ。『友達』だろ?」

千桜はナギを真っ直ぐ見て、そしてはっきりと言う。

「う…あ、そうだ!お前昼まだだよな?今日はお前の誕生日だし、ケーキもわざわざハヤテとマリアが作ったんだ。食え食え!」

ナギは思い出したように、そして話題を変えるような感じで言った。

「えっ?…あぁ。そうするよ。」



と…そんな感じで昼食を食べる4人。

「い、いつもながら…やっぱり美味いな。」

飲み込んで、箸を片手に千桜が言う。

「今日は千桜さんの誕生日という事で、僕もマリアさんもさらに腕によりをかけて作りました。」

相変わらずのニコニコ顔でハヤテは言う。

(時々何であんなに綾崎君はニコニコできるんだろうな…とか思うんだよな。)

千桜はそんな事を思いつつも、口には出さなかった。

(ま…無表情や不機嫌そうな執事がいたらそれはそれで嫌だけどな。だからあれでいいんだ。)

と、千桜は考えを決着して料理に箸を伸ばそうとした…その時だった。

「!!!!!」

千桜のケータイがマナーモードで震える。

「おい千桜、ケータイ…鳴ってるぞ。」

「あぁ、分かってるよ。」

(着信か…)

ここで電話に出るのも失礼だろうと思った千桜は、

「悪い、ちょっと席外す。」

「あぁ。」
千桜は部屋を出て、電話に出た。




「あ…大丈夫です。はい。では。」

千桜は電話を終えた。

電話は咲夜からだった。

(ん~、ちゃんと来れるかなんて咲夜さんも珍しい事を聞くなぁ…。)

不思議に思いつつも、千桜は部屋へ戻る。

「電話か?」

「あぁ。」

と、千桜がさらっと答えた所で、ナギが千桜のケータイを見てある事に気づいた。

「おい。そのキーホルダーどうしたんだ?確かお前が持ってるのは…」

ナギが千桜のケータイにぶら下がっているキーホルダーを見て言う。

「あぁこれか。今日瀬川さんにもらったんだよ。誕生日プレゼントだって…。」

「ほぉ。あの瀬川さんがねぇ…。いいものもらったな。」

意外だな、とキーホルダーを見ているナギ。

「あぁ。」

千桜もキーホルダーを眺める。

………

「なぁ、どうせならお前の持ってるやつもくっつけて合わせればどうだ?」

キーホルダーを眺めていたナギが言う。

「ん…そうだな。確かにこれは二人の方が絵になるしな…。確かに中立さんは兄妹で揃えてこそだしなぁ。」

ナギの提案に、少し考えてみる千桜だった。

「あっ、ひょっとしてヒナギクさんの家に行かれていたのは…?」

思い出したようにハヤテが言う。

「あぁ。ヒナギクたちも…私の誕生日を祝ってくれたんだ。また夏休み明けの花菱さんの時にはしっかりお返ししないとな…」

「良かったですね。」

「あぁ。本当にな。私ってさ…友達多いって言えないだろ?だからこう…みんなに祝ってもらう事なんかなくってさ、今日は本当に嬉しい事ばっかり続いてるんだよ。みんな本当にありがとう…!」

その嬉しさに少し涙ぐむ千桜。

「そこまでお喜びになられるなら、僕たちもやった甲斐があったものですよ。」

そんな千桜を見て、ハヤテが笑顔で言った。




Part4へ続きます。
スポンサーサイト

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

プロフィール

いえろーらいん

Author:いえろーらいん
「ハヤテのごとく!」の春風千桜を全力応援中の関西人な専門学校生。
重度の千桜ファンであり鉄っちゃんでもあります。
新しい物好き。
基本的に危機感を感じにくくギリギリにならないとやらない人間。
そして好き嫌いがはっきりし過ぎ。
良い出来ではないものの千桜中心でSS展開中。

リンクは現在募集中です。
リンクはこっちから勝手に張らせて頂く場合もあります。

FC2カウンター

ハヤテのごとく!blog banner

ハヤテのごとくblog banner普及委員会 Ver.1.3よりお借りしました。








基本的にはほとんどのキャラがOKですが、その中でもこの7人は特に応援したいキャラクターです。

投票企画(現在行っておりません)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter

検索フォーム

リンク集

自作SSの保管庫
緋桜絶華

ハヤテのごとく!
公式系サイト

少年サンデー公式
テレビ東京公式

Wikipedia

ハヤテのごとく!
各キャラFC系サイト
(綾崎ハヤテ/更新停止中)
ハヤテは俺の嫁!

(綾崎ハヤテ)
君を守るよ、疾風のごとく!

(三千院ナギ)
この世の全てをナギ倒せ

(マリア)
PureSelectMaria

(愛沢咲夜・解散)
サクラ咲く夜に
(桂ヒナギク)
ヒナギク様に恋してるっ!!

(西沢歩)
そして僕たちは西へ向かった

(瀬川泉/凍結中)
清く流るる泉の如く

(瀬川泉/更新停止中)
天まで届け、泉の魔法!

(花菱美希)
~碧に架かる贈り物~
(桂雪路)
ゆきヤミ

(日比野文/更新停止中)
恋文っ!to23
(日比野文/同盟)
日比野文のフミだより~ブログ版~
(アテネ&ロリア)
Young Two Goddess~Loria&Atene~

(天王洲アテネ)
Royal Princess Athens

(ケレ・ナグーレ)
太陽6000度で焼いた餅


ハヤテのごとく!関連
感想/考察系サイト

Comic Soul
愛しい夜が為に

ジャプニカ弱点帳
自由人の自由気ままな対人落書き帳
荒川キャッチデイ
網創漠蓄
雪が降り春風が吹くはず……。
神戸ユキ急行電車のりば
ヒナギクちゃんねる!!

ハヤテのごとく!関連
イラスト・SS系サイト

セカコン~ナギと紅茶を楽しんで~

世界樹の名の下に

雛風★~雛菊の花が優しい風に揺られて~

Libra Sunflower
支天輪の彼方で
かげろうの独り言
ハヤテのごとく!SS情報サイト

ハヤテのごとく!
関連その他サイト

ハヤテのごとく!カレンダー
ハヤテのごとく!☆応援処
ひなたのゆめ
マンガ・アニメ・BLマニア

その他のサイト
鉄で見る経済
いえろーらいんの正体?

管理画面

春風千桜FC会員名簿

No. 1 いえろーらいん(管理者)
No. 2 セカコン様

No. 3 向日葵様

No. 4 かげろう様

No. 5 さぎん様

No. 6 涼様

No. 7 イトケン様

No. 8 言羽・D・カタストロフィー様

No. 9 春風 千桜様

No.10 きたぐち様

No.11 naru☆様

No.12 とろんべ様

No.13 けんむろ様

No.14 月龍様

No.15 ハッピートリガー様

No.16 バン☆ビン様

No.17 dinobot様

No.18 ハヤ太様

No.19 おかっち様

No.20 socal様

No.21 マリモ様

No.22 ちーちゃん様

No.23 鬼夢咲様

No.24 たくぼー様

No.25 古市ゴルゴ様


バナーです。


製作/向日葵様




製作/かげろう様
お好きなものを持っていってください。

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。